【3/10TM】VS カレビッチ

2020年4月20日ペンタブログ

20200310TM風景

おはようございます!

ペンタグラム代表の日高です。

2回目の投稿です。

初回の投稿が遅くなったことでタイムラグがあることをお許しください←

活動内容

活動日時:3/10(火) 21:00〜22:30

活動場所:Meijiフットサル

活動内容:練習試合

参加人数:13名

スコア

20分×3本

①1-1 #20茂苅

②0-2

③0-3

内容

2020シーズン初となるTM。

相手は1部で12チーム中11位で降格してきたカレビッチさん。一昨年まで関西2部にいたチーム。

一方、3部で3位になり、入れ替え戦でギリギリ昇格したペンタグラム。

いわゆる開幕戦的なカードで、厳しい試合展開になることは想定してました。

チームには「今日の相手のレベルが2部で上位争いをする基準になるよ」と伝えて臨みました。

20200310TM風景

結果は1-6。

もっとやられてもおかしくなかった。

さて、少し内容を振り返ってみます。

相手の攻撃、自分達の守備

  • 個人個人の技術の高さ
  • 運動量
  • ボールの受け方や運び方
  • 少ないボールタッチ
  • パスの正確さ
  • 味方との距離感
  • パスを受ける角度
  • 1stラインを越した後の3枚目4枚目の押し上げ
  • シュートレンジ
  • ファー詰め
  • サインプレー

相手の攻撃で良かったところを挙げてみました。キリがない(笑)

こういったチームに対して、自分達が守っているときに、前の選手が首を振れないのと、コート内で上手く声を掛けられない。

なので、エントラしてくる選手を捕まえられず、前プレしても殆どハマらない。

仕方なくラインを下げるけど、守備の予測が出来てないからずーっとボールを回され、殆どシュートまでいかれる非常に苦しい展開。

「展開を予測してボールが移動してる間に相手との距離を詰める」

これが出来てればもう少し上手く守れたかなぁと思いますが、急に出来るようにはなりません。

まぁこれは去年から言ってることなので(笑)

日々の練習からチーム全員がどれだけ意識出来るか。

自分達の攻撃面では、相手の前プレを受けてボールを失うシーンが目立ちました。

カレビッチさんが出来ている上記内容がウチは出来ていないので、プレスの強度が上がるとボールを回せなくなります。

如何に3部を無理やり勝ち上がってきたかがわかります(笑)

相手のインテンシティの高さに驚いたTMとなり、2部で上位争いをすることがどれだけ大変なことか、肌で感じとれました。

この時期にカレビッチさんとTM出来てよかったかなと。

まだまだシーズンは始まったばかり。

この日出た課題をTRで克服する。

課題克服の為のメニューを考えるのは私の仕事です。

次にTMするときは少しでも点差が近づけるように日々成長していきましょう。

カレビッチさん、ありがとうございました!

ひと言

ここまで書いてみたけど、またしても全然面白くない←

ま、いいか。

活動日記だし(笑)

こんな感じで毎回書いていきますので、よろしくお願いします!

ペンタグラム#21日高